PREVENTIVE DENTISTRY

予防歯科

予防歯科

予防歯科とは?

歯科医院として虫歯にならないお手伝いをすること、それが予防歯科です。

今までは、歯が痛くなってから歯科医院へ行くものでした。 しかし虫歯になると歯の1部を失い、二度と元には戻りません。そのため悪くならないように予防していく事が重要です。

早い段階のムシ歯の状態をより正確に確認するために、光学式のムシ歯検知装置を使った検査も行っています。

歯科医院として予防のお手伝いをすること、それが予防歯科です。

夜眠っている間に、虫歯の原因となるプラーク(歯垢)は驚くほど成長してしまいます。

このプラークはやわらかい物質ですが、歯の表面に付着する細菌の集団で、水で洗い流しても簡単には取れません。プラークを取り除くには、まず歯ブラシが一番よい方法です。 しかし、自己流の歯磨き法では100%きれいになるわけではありません。 オーラルケアというのは、歯ブラシのテクニックに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助用具・洗口剤を用いて、毎日続ける必要があります。 また、歯科医院での3~6ヶ月の定期検診を受けることが必要です。 噛み合わせはみなさんが想像しているよりも大変重要なもので、噛み合わせの異常によってさまざまな病気が起こると考えられています。

プラークとは

  • プラーク = 歯垢
  • 食べカスとは違い、細菌のかたまり
  • 虫歯や歯周病菌はプラークによる感染症
  • 歯石はプラークの死骸
  • 歯石のついているところにプラークは溜まりやすい

虫歯の予防

歯磨きといっても、テクニックが必要です。

磨けているつもりでも実際は磨けていない場合がよくあります。下のチェック項目で自分の磨き方をチェックしてみてください。

  • CHECK 1. 歯磨き粉をたくさんつけすぎていませんか?

    歯磨き粉には発泡作用があるので、しっかり磨けていなくてもすぐに口の中が泡でいっぱいになって爽快感があり、さっぱりして磨けている気分になってしまいがちです。歯ブラシのヘッド部分の1/3~1/4程度に歯磨き粉をつける程度で十分です。
  • CHECK 2. 磨く時間は3分以上ですか?

    歯磨きでしっかりと汚れを落とそうとすると、最低10分はかかるものです。 毎回ではなくても1日1回は長く磨くようにしてください。
  • CHECK 3. 歯ブラシの毛先がどこに当たっているかわかりますか?

    歯の汚れは歯ブラシの毛先で落とします。少し歯ブラシの角度が違うだけで歯に当たる場所は違ってきます。 自分で当てる場所を決めて、一つ一つ確認しながら磨くようにしてください。
  • CHECK 4. 力強くゴシゴシ磨いてはいませんか?

    汚れは少しこするだけで落とせるので、力を入れてゴシゴシ磨く必要はありません。 力を入れて磨く方は歯ブラシの毛先が開いているので、毎日使っている歯ブラシで確認してみてください。 毛先が開いていると動かし方が上手でも汚れはきちんと落とせません。
  • CHECK 5. 歯並びにあった磨き方をしていますか?

    歯の並び方、詰めてある金属によって汚れの付着しやすい場所は違ってきます。 また、動かし方、歯ブラシの角度はあなたにあっているでしょうか?

歯周病の予防

歯周病はよほどひどくならない限り、痛みや不快感などの自覚症状がありません。

1990年代から歯周病のリスクファクターの研究が精力的になされるようになり、加齢・歯周病原性細菌・喫煙などとともに糖尿病肥満など全身疾患、全身状態がリスクファクターであることが疫学的に証明されています。

また、逆方向すなわち歯周病が他の疾患のリスクファクターになり得るという疫学的な研究データも増えつつあります。 また、口の中の細菌が気道を介して気管支、肺などの呼吸器に感染し、気管支炎、肺炎の起炎菌になることも報告されています。 普段の生活状況が歯の健康に及ぼす影響はとても大きいものです。食生活の内容は歯の健康維持にも決定的に関わってきます。偏食の習慣や、外食が多いことなどから起こりがちのカルシウム不足は、菌と歯ぐきの病気を助長します。

歯周病はよほどひどくならない限り、痛みや不快感などの自覚症状がありません。

タバコはかつて歯の病気とはそれほど関連がないように思われていましたが、最近の研究では喫煙と歯周病との密接な関係がいろいろとわかってきました。 まず、ニコチンやタールは口の中の粘膜を傷めますし、血管を収縮させて歯肉への血行を悪くします。

また、細菌に対する白血球の力を弱くすることも分かっています。最近ではその人が今までに吸ったタバコの本数が一定の数値に達すると、歯周組織の抵抗が急激に衰えるということがわかってきました。

その他にも糖尿病、心臓病、動脈硬化、などの成人病が歯の健康を損ないやすく、歯周病とも密接な関係があるということをみなさんも是非知っておいてください。 程度の差はありますが、歯周病の傾向はほとんどの人にあるのです! 虫歯とは別物ですから、虫歯のまったくない人でも歯周病になることはあります。自分は歯が丈夫だからなどと安心せず、常に自分の歯や歯ぐきの状態には気をつけるようにしたいものです。 歯周病はよほどひどくならない限り、痛みや不快感などの自覚症状がありません。ですから初期のうちにその兆候を見つけるには、歯磨きの時に自分で歯や歯ぐきを観察してみましょう。

歯周病を早いうちに見つけるには、歯ぐきの状態に注目!

  • 歯ぐきの色はピンク色ですか?
  • 歯と歯の間の歯ぐきが赤くブヨブヨしていませんか?
  • 歯を磨いたときに出血がありますか?
  • 口の中がネバネバしたり、臭い感じはありませんか?
  • 歯ぐきが後退して歯が長くなったように感じますか?

診断メニュー

  • インプラント

    MENU 1
    インプラント

    歯の抜けた所に人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を製作し装着する技術

  • オールオン4インプラント

    MENU 2
    オールオン4インプラント

    入れ歯で苦しむ患者様のために開発された、入れたその日に噛める画期的な治療法

  • 入れ歯・さし歯

    MENU 3
    入れ歯・さし歯

    しっかり噛みしめられて、しかも痛くない。豊富な入れ歯・さし歯メニューをご紹介

  • 口臭外来

    MENU 4
    口臭外来

    澤歯科は名古屋でも数すくない口臭治療(相談)のできる歯医者です

  • ドックベストセメント

    MENU 5
    ドックベストセメント

    歯を削らずに虫歯菌を殺菌、殺菌され歯自体の自己回復力で再石灰化し、硬い象牙質になります

  • MTAセメント

    MENU 6
    MTAセメント

    神経を取らないといけないと言われた方へ。歯の神経を残す自費治療

  • ホワイトニング

    MENU 7
    ホワイトニング

    歯みがきや歯のクリーニングなどでは落としきれない歯の着色をきれいにし、歯を白くする方法

  • 親知らずの抜歯

    MENU 8
    親知らずの抜歯

    痛みの少ない親知らずの抜歯。口腔外科出身のドクターの豊富な症例

  • 根管治療

    MENU 9
    根管治療

    マイクロスコープ・CTを活用し、精密な根管治療で歯を残す治療を提案します

  • 審美歯科

    MENU 10
    審美歯科

    白くてきれいな歯を手に入れたい・・・審美歯科とはそんな患者様の思いに応える治療分野

  • 矯正歯科

    MENU 11
    矯正歯科

    歯並びを治す矯正治療は、病気を治すのと同じように健康な体と心を作るための治療です

  • 顎関節症と噛み合せ治療

    MENU 12
    顎関節症と噛み合せ治療

    ある日、突然あごがだるくなったり、肩こり、片頭痛などがでてきたことはありませんか?

  • その他の治療

    MENU 13
    その他の治療

    レーザー治療から、お子様の歯並び、アンチエイジングまで多種にわたる治療を提供

受付案内

診療受付時間
AM9:00 - PM1:00
PM2:00 - PM6:00

[休診日] ・・・ 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問い合わせはお電話にて。(受付時間=診療時間)

TEL 052-231-8038

医院案内

予約について

STAFF スタッフ紹介 RECRUIT 採用情報 EQUIPMENT 設備紹介 ACTIVITY 活動報告 新型コロナウィルスについて正しく知ろう 新型コロナウィルスについて正しく知ろう 新型コロナウィルスについて正しく知ろう
ページの先頭へ